犬と女性

ペットの命を守るために|犬の病気について学ぼう

家族を守るために

犬と医師

家族の一員

犬や猫などのペットは動物であるにも関わらず、とても大切な家族の一員です。家族の一員とは言え、人間ではないので人間が言葉を理解してあげることは難しく、病気になった時はその症状や苦しさなどを見て判断する事がとても大切です。特に犬は人間がしつける事ができ、ある程度の短い言葉なら理解をして、その通りに行動する事が出来るので、人間により近い存在になる事が多くあります。家族や友人には話せないことも、ペットの犬には話せ聞いてもらうだけで心が落ち着くというのは犬をペットとしている多くの方が経験するものです。そのような犬が病気になってしまったら、とても心配になります。またある程度なら病院にも行かず安静にしていれば改善されるということもあります。しかし人間とは違い、わからないことも多くあるので、すぐに改善の傾向が見られない時は獣医を受診する事はとても大切です。

肥満は危険

犬の病気には、やはり薬や手術で治す事ができる病気と、寿命などで治す事ができない病気があります。犬は人間とは違い人間に比べて寿命が短いものです。病院を何回か受診していれば、獣医の方がその時が近いことを教えてくれるので、寿命が原因で起こっている場合は覚悟をしておくことも飼い主の大切な心構えの1つです。また犬も人間と同じで、バランスの悪い食生活をしていると肥満になるものです。人間は肥満になると、高血圧や糖尿病、その他にもさまざまな病気になりやすくなりますが、犬も人間と同じで肥満になるとさまざまな病気になりやすくなります。いつまでも元気で家族の一員でいて欲しいと思うのであれば、バランスのとれた食生活と毎日の散歩や運動を心がける工夫が必要です。